<< ツルツル滑走 <パルテノン多摩>谷山浩子弾き... >>

パケット

f0064895_17201265.png

好奇心旺盛でおっちょこちょい、雷が苦手、ピエロとしては劣等性、等々の設定に絶賛萌え中



ピエロとしての腕を磨くために地球へ行って修行→ピエロの国で正式なサーカス団員に、的な流れなのかなーとかいろいろと想像の余地があって面白いです。
そもそもピエロの国にはサーカスは複数あるのかどうか、どれぐらいの規模なんだろうとか、パケットが王様と個人的に話が出来るレベルなのはローズ姫と仲がいいからなのか、それとも単に国自体が小さめと考えるべき(ペンタムはピエロの国の発明家って書かれてるし)なのか…とか。いろいろ考えちゃいますが、中には初代パケットで既に明かされてることがあるかもしれないのでいつか購入してプレイしたいところです。

ピエロたちの性格設定がかわいすぎてやばい!それぞれ個性が出ていて本当に話しかけたくなりますし、もっと喋って欲しいと思います。
ガムランはただの悪役なのかと思ったらピエロキングとの因果とかも詳しく書かれてあったりして、何気に子供向けとは思えないような深い経緯があったりします。ガムランはピエロキングを恨んでいるとか、ローズ姫はパケットの憧れの人だとか。キャラクターに人間味があって大変かわいらしい。というかこの子たちがかわいい。

2の説明書では今回の冒険でユッピーと出会う、と書いてありますが、ユッピーには「地球名…雪ちゃん」と本名っぽい名前が明かされていて、「ユッピー」はパケットが名付けた名前であるらしいのです。ソフトの中では出会った時のお話はカットされているとのことですが、この辺詳しく知りたいなぁ。ピエロの国に帰る時にユッピーはパケットにつれていかれるのでしょうか。地球名雪ちゃんって書かれている辺り、やっぱり地球に残る運命なのか。他に飼い主が居るかもしれんし勝手につれていくわけにもいかんよなぁ。


続編の望みは限りなく薄い(無いと言っても過言ではない)けれど、望まずにはいられない!です。マジで!
15年以上前の作品ですが知っている人は多いと思うので、思い出せる人が増えていけばいいなーと思います。新規参入者(お子様)ももっと増えるべし。今では中古でしか手に入らなさそうなのが難点ですね。
[PR]
by uepon-12 | 2013-04-14 19:29 | ○ らくがき
<< ツルツル滑走 <パルテノン多摩>谷山浩子弾き... >>