新HP再開設のお知らせ

tumblrのsereno blogから来た方へ向けた記事です。
tumblrのsereno blogってなんのこっちゃ?という方はまずはこちらからお読みになっていただければと思います。


※かんたん要約→名刺に記載していたHPアドレスを削除しました。
理由は、HPの更新が出来なくなったからです。
それに伴い、また新たにHPを作りました。
初代sereno(FC2の方)やここのブログの今後の処遇について、ここに記しておきます。



FC2 sereno のこれから
一旦、サイト更新は「休止」とさせていただきます。

やはり、絵を描く→投稿する→web上にアップロードする、ということに手が回らなくなってきたことが大きいです。
FC2ではFFFTPというソフトを利用して、直接HTMLを書いて更新しているため、
pixivやtumblrと違い、絵をアップロードするのにとても手間がかかるのです。

あくまでも「休止」であって「閉鎖」ではありません。
定期的な更新が無くなり、広告が入って非常に見づらくなるかと思いますが、残しておきたいなと思っています。

※なぜ「閉鎖」ではなく「休止」なのか?という理由についてもう少しだけ…。
自分がたまに見に行っているサイトが閉鎖&作品全削除、
という経験を多くしてきて、閲覧者様にそういった悲しい思いを抱かせたくないな、と思ったからというのもあります。



エキサイト sereno blog のこれから
これまで通りです。
趣味の話、日常の話、絵の投稿、告知やお知らせ等、
今現在のところは全部投稿しようかなと思っています。
ぶっちゃけ何も変わらないということですね!

メインは趣味の話、日常の話が多めになるかもしれません。
Twitterだと140文字以内という字数制限があり、たくさんのことを書こうと思うと字数がオーバーしちゃうんですよね。
趣味、日常のことで書き足りないことはここのブログに書いていこうと思っています。

あと、エキサイトブログにはお気に入り機能があって、中にはその機能を使ってここのブログに来ている方もいらっしゃるかもしれないので
「あっちに移転するのでここのブログは更新しません!ブックマークの変更お願いします!」だと、
私のブログをお気に入りしてくださっているエキサイトユーザーの方にとっては不便かな、という配慮もちょっとだけ。

あ、でも、趣味や日常の話は別にどうでもいいかなという場合は
tumblrの方をブックマークするといいかもしれません。後述しますが、あちらは絵と告知のみです。



tumblr sereno のこれから
ポートフォリオサイトとして運営していきます。
簡単に言えば二代目serenoです。
ただし、こちらではオリジナル作品のみ取り扱う予定です。
二次創作イラストはpixivTINAMITwitter、等に投稿していきます。



tumblr sereno blog のこれから
完全告知用です。(予定)
展示会やイベント参加の告知や、良い・悪いにかかわらず何かのお知らせなど。



PIXIV FANBOX のこれから
描いた絵のことを語る場にしようかなと思っています。
でも、おおっぴらに公開するのはちょっと恥ずかしい気もするので、
支援者限定公開という形を取らせていただきます。

私は自分の描いた絵のことを語るのが大好きです。
そういったことに興味のある方がいらっしゃれば、是非支援してください。
絵に関するたくさんのことが読み放題です。



Instagram のこれから
こちらはまだアカウントを取ってから数日しか経っていません。Instagram自体、よくわからないです。
始めたばかりで、まだどう使っていくかは決まっていません。

ぼんやりと考えているのは、スキャンした綺麗なweb閲覧用の画像ではなく、
スマホの写真で取った絵を投稿しようかなと思っています。
あの作品の実物はこんな感じですよ、みたいな。

twitterのようにフォロー・フォロワーの機能が付いているようなので、
もしInstagramのアカウントを持っている方がいらっしゃれば、よかったらフォローしていってくださいね。



大体のことは書ききったかな…?
一応、「今考えていること」を書いただけなので、
各サイトの方針の変更が発生する可能性がございます。
2018年9月21日の星野区はこんなことを考えていたのだな、程度に思っていただければ幸いです。

[PR]
# by uepon-12 | 2018-09-21 10:20 | ○ 雑記

【告知】とり物語展

アトリエコメットさんの企画展『とり物語展』に作品を一点出品します!

期間:2018年5月26日(土)~6月10日(日)
f0064895_23162761.png
時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)

入場料:無料

場所:東京都台東区浅草4-28-14
(東京スカイツリーの近く)

地図、交通アクセス等、詳しい情報はこちら(アトリエコメット公式サイト)

グッズ有り(一点もののしおり)

お近くの方はお立ち寄りいただけると嬉しいです!

[PR]
# by uepon-12 | 2018-05-21 23:36 | ○ 雑記

【音楽】MUSIRISCA『Forest in the Mist』和訳と解釈

MUSIRISCAとは?
同人音楽サークルです。公式ホームページはこちら
今回の記事で取り上げるアルバム『Forest in the Mist』の特設ページはこちら

前置き
私がMUSIRISCAさんの音楽と出会ったのは2014年。浅いです!
最初は『Nocte』、それから買い集めたのは『Anemone』、『FILOU E.P.』+1stコンサート限定で販売された楽曲、といった流れです。
多重コーラス、造語というジャンルには精通していません。英語の歌詞の和訳も数える程度しかやったことがありません。


アルバム『Forest in the Mist』は、これまでの造語ではなく英語による歌詞が使われています。
そしてブックレットには歌詞とは別に謎の英文が書かれています。
謎の英文の和訳(と、歌詞との整合、独自解釈)をやってみようかなと思います。

あくまでも独自解釈ということを忘れないでください!(鵜呑みにしないでねの意)
そして肝心の和訳が間違っているかもしれません。ご留意ください。


~本題~
・楽曲のタイトルはそのまま載せます(公式サイトにも掲載済みのため)。
・歌詞、英文を丸々転載することはしません(私がE.P.で知った歌詞の和訳のみ)。キーとなる単語は載せます。
・個人的な感想も書きます。


01 Forest in the Mist - for piano -
(英文)

タイトル訳:霧の中の森
英文訳:夢。あなたは孤独の領域につまずいた。

解釈
楽曲がそのままCDジャケットになっているイメージです。ピアノと小鳥のさえずり。どこか物悲しさを感じるメロディー。
英文の「夢」「孤独の領域」は、このCDそのもののことを表す単語ではないかと思っています。
「孤独の領域につまずいた」とありますが、「孤独の領域」は誰のものでしょうか。このCDに登場する何者かの領域に踏み込んでしまったようです。聴き手であるあなたがです。
現在完了形が使われているため「つまずいた」「つまずいたことがある」「つまずき続けている」「つまづいてしまった」4通り訳してしまおうと思ったら出来てしまいそうです。


02 FILOU - Image -
(英文)

タイトル訳:フィル -姿-

英文訳:トリックスター…世界を冒頭にひっくり返す彼。
彼は気まぐれで挑発的。彼は魅了するが、あなたの注意を引くと、
彼は逃げる。しかし、誰も彼の魅力から逃れることは出来ない。

歌詞訳:
きみは誰?
きみのことを見たことがない。
ようこそ、僕の秘密の森へ。
入るなら、今すぐ入ってよ。

ひとたび天秤が傾けば
僕は運命をも変えられるカードを裏返すよ
僕のことを愚か者だと笑うだろうけど…
とにかく僕は僕のためにカードを裏返すだろう

(あーあ、やったぁ)
歴史は瞬く間に廻り
(くそお、ちぇー)
僕たちはここに立っている。きみと僕だ。

(あーあ、やったぁ)
(くそお、ちぇー)
歴史は積み木遊びさ

きみには選択肢がある。
進むことも、とどまることも出来る。
「とにかく僕はカードを裏返す」からさ

今のところ、天秤が傾いている
人々は目を瞑って考え込む
賢者は新しい世界を始めるかのように笑って、
お構いなしに、紡がれてきた歴史を終わらせるよ

本当にきみは何者なのかな。


解釈
1曲目の孤独の領域に踏み込んでしまったあなたは、ここで彼の姿を目にします。
タイトルのFILOUはフランス語の固有名詞のようで、いたずら好きの犬猫によく付けられる名前のようです。(google調べ)
Filou=トリックスター(物語の引っ掻き回し役)=タロットの絵の愚者と考えていい気がします。が、タロットの愚者の絵には犬がいるため、犬の名前かもしれません。
英語の歌詞はE.P.から自分で訳したものです。公式の和訳とはだいぶかけ離れています。
「天秤」は普通の天秤ではなくて「誰かが創り出した量り」という意味に読めます。私の考えですが、トランプやタロット等のカードゲームの、場に出したカードのどちらかの数字が大きいか小さいか…を表現してるのかな…すみません自信ありません。「裏返す」という言葉も、何かのカードゲームのルールな気がします。
進むかとどまるかを促しているのは、「このままCDを聴き続けますか」と聴き手に問いかけていることであり、まあ聴くしかないでしょう。
私の方は直訳寄りですが、「彼は挑発的」とあるように、公式の和訳の歌詞はかなり挑発的です。


03 Water Mirror - Reflection -
(英文)

タイトル訳:水鏡-反射-
訳:「なるほど。それは薄っぺらな、使い込まれた仮面だね。でも、気をつけて。
いずれ、それはきみの本当の顔になるだろう。」

解釈
Water Mirrorは直訳で水鏡と訳しましたが、水鏡という英単語が調べても見つからなかったので、もしかしたら別の意味になるかもしれません。サブタイトルのReflectionは「もう一度よく考える」という意味も持つらしい。
ここから、英文には""(誰かの台詞を表すダブルクォーテーション)が使われます。ので、口語っぽくしました。多分Filou君。
「薄っぺらな仮面」と訳しましたが、薄っぺらという部分は少し意訳しました。
気をつけて、という警告。警告っぽいですがこれはFilou君があなたを怖がらせようとして言った言葉です。
あなたは今、偽物の顔、すなわち仮面を被っています。Filou君は素顔を知りたい性を持っているため、外して欲しくて言ったのだ…と思います。


04 Frolic - Refrain -

タイトル訳:戯れ-繰り返し-

解釈
Water Mirrorから水が流れる音が続いてきます。FILOUで聴いたメロディーがここで使われます。そのまま音楽用語のリフレイン(繰り返し)と訳しました。
Filou君と聴き手がカードか何かで遊んでいるイメージかな、と思っています。


05 Blossom - PRIMA -
(英文)

タイトル:花-主役-
訳:「キラキラと輝くスポットライトを浴びる者は、愛と称賛を待ち焦がれている。
けれど、暗やみの淵はその者たちを取り囲んでいて、影の中には滅びが待っている。」

歌詞訳:
太陽よ、遠い地平線の下へ落ちる太陽よ
どうか、ああどうか教えてくれ、何故一つに、全てに暗闇が訪れるのかを

昔話をさせてくれ、世にも美しい花の物語を
若々しい日々というものは瞬く間に靄の中に消えてしまうものだろう
鷲が飛ぶ速さほどの短いお話さ

太陽の子、彼女は一日中明るい光を浴びている
たくさんの恵みをもらい、花には愛と賞賛があふれていた
彼女が風にそよぐと香りが夏の空気に広がり、
そんな喜びはどこにでも行き渡っていった
恋する者は彼女に視線を送り、崇拝するようになった

世界が彼女のことを見上げるようになる頃には

「ねえ、蜜をちょうだい。私の恵みなの」
蝶が彼女の葉に座って言った。
「あら、蝶々さん。蜜なんてあげないわ、恐ろしい。
私は特別な存在なのよ」と花は答えた。

「ああ、お願いします、蜜を少々いただいても…愛情が必要なのです」
蝶のように葉に座って、妖精は彼女に尋ねた。
「あら、妖精さん。蜜なんてあげないわ、恐ろしい。
私は貴重な存在なのよ、手が届くなんて思わないで」

太陽の子、花はキラキラ光る明りの中で踊った
視界に入らないほど膨らんだ影に気付きもせずにね

花が聞いたのは甘い賛美の言葉、でも彼らの目は真実を映していた
彼女には見えていなかったみたいだ
気付かぬうちに花びらは乾き、美しさも消えていっただろうね
とうとう誰も逃れられぬ運命につかまった

さよなら 彼女の栄光へ
さよなら ああ、きれいなだけの
涙は流されない 彼女は彼女の死に向かう
涙は流されない さよならだけがこだまする

「与えるわ、甘い蜜をすぐにでも」
彼女はそばを通り過ぎる蝶に言った。
「あら、どうも。悪いけどいらないわ。
あなたの蜜は酸っぱくてとてもじゃないけどもらえない」

「ああ、どうか、蜜を少々受け取っていただけないかしら。私の愛情を」
彼女は横をすり抜けていく妖精に言った。
「あら、お花さん。悪いけどもう必要ないよ。
あなたは貴重な存在だよ。友達の一人もいないなんてね」

誰ひとり、彼女のことを思い出すことはなかった


解釈
アルバムから独立してもいいぐらい物語性のある歌。個人的にこの歌がめちゃくちゃ好きです。
とある人物との出会いから別れまでの一日、というコンセプトのもとに作られたアルバムとのことで、このお花の話を語っているのはFilou君と推察。私の中では「昔むかしあるところに~」のような口調で語っているイメージです。
本当にあったことかどうかは置いておいて、何故Filou君は花の話をあなたに聞かせたのか。
周りの蝶や妖精にはお花の真実(調子に乗って高飛車な性格になっちゃったところ)が見えていて、お花には周りの真実(褒めるけど内心辟易しているところ)が見えていなかった。逃れられぬ運命が来る頃にはどちらも仮面が外れます。真実が見えます。
真実を知る・知られる時が一番面白い時だよねーということを聞かせて、あなたを真実の世界に引きずり込もうとしている。…多分。
実際、このお話(歌)を聞いて、もっとこういう話聞きたい、CD聴きたい、と思ってしまったら、Filou君の思惑通りになってしまっているんじゃないかなと思います。
サブタイトルのPRIMAは、オペラ歌手のプリマ=主役と訳しましたが、「お姫様気取りの人」という意味もあるらしいです。あとバレエにもプリマという用語があり、そっちはバレエで踊っている中でも最高位の、という意味だそうです。色んな解釈が出来そうです。


06 Interlude - Light & Shade -

タイトル:幕間-光と陰-
訳:「きみは隣人の幸せを祝福出来るかい?」

解釈
インスト。小鳥のさえずりもあって優しい雰囲気です。最後の子どもの笑い声が不穏。
サブタイトルは光と陰、に訳しましたがGoogle翻訳にそのまま訳してもらったら「ランプの傘」と出てきました。人間の表と裏の顔、という意味にも取れるけど、日が沈んで夜になってきたという意味にも取れそう。どっちが正解なんでしょうか。
アルバムの折り返しまで来て、Filou君がさりげなくあなたの仮面の下を覗こうとしてきます。


07 SPICA - Last Resort -

タイトル:真珠星-切り札-
訳:「きみが終幕を考える時、夜は慰めてくれたかい?」

歌詞訳(Short ver.):
たった独りで、きみはきみの悲しみを感じる
気にする人なんて居ない、暗闇の中に隠れるところなんてない
きみの奥深い中には永遠に後悔する秘密がある

毎回、失望は訪れる
きみの歩みは、旅の終わりへと急ぐだろう
きみが辿る全ての細道は、どこにあるかわからない理想郷へつながっている
僕たちの最後の天国だ

今、きみは傷つけられた歴史を置いて、去るんだ
流れの冷たい水の中に
その岸の上に、きみは星への地図を見つけるだろう
真珠星の領域へ


解釈
サブタイトルの「Last Resort」は何も考えずに訳すと「最後の行楽地」ってなりそうですが(なりましたが)、ちゃんと慣用句になっていて「最後の手段」「頼みの綱」「奥の手」という意味になるらしい。歌詞の方には切り札という言葉があったため「切り札」と訳しました。
スピカはおとめ座を形づくる星のうちのひとつで、おとめ座であるアストライアーという女神様のすぐとなりには天秤座があります。天秤は、アストライアーが使っていたものだという説がある。FILOUで出てきた「天秤」のフラグ回収(?)
アストライアーについては、軽く調べただけで深い知識はないのですが、ざっくり説明すると「地上に最後まで残った正義の女神(他の神様は人間に嫌気が差して空に飛んでいった)」。

ここの旅の終わりとか、終幕とか、楽園というワードは、「死」の暗喩だろうなと思います。あなたが自分の死について考えた時、夜は慰めてくれたか?という英文は、Noを想定しての問いかなと思います。
そして「生きていたら、自分が後悔するようなやましいことの一つや二つがあるよね。そんなものは川に置いて、さあご覧。美しい星座だよ。あそこが旅の終わりだよ」とFilou君が慰めてくれます。(と見せかけてあなたの嘘を暴いて、真実を知りたいというのが本心)
あなたはFilou君に心を許してしまう。許してしまいそうになります。
あなた以外の、「人々」については、歩みを止めて星まで辿りつけない苦悩を描いている。と思う。私の考えですが、「人々」という赤の他人であるかのような言い方をしているけれどFilou君自身のことかな…と思います。

「切り札」ってなんのことなのか、と考えてみます。
カードゲームで言えば、今自分の持っている手札の中で最強のカードのことを指します。
最強のカードはゲームの最後の方まで持っているものです。
次の歌のJudgmentで分かります。


08 Judgment - Showdown -

タイトル:審判-決着-
「僕は一つのことが欲しい…きみの真実。ただ一つのこと。」

解釈
サブタイトルのショーダウンはカードゲーム(有名なのはポーカー)の用語で、手札を全部公開することの意味でもあります。
Filou君は全部バラします。直球です。「僕は人間の本当の素顔、隠された部分、本性を知りたいんだー!楽しいからさ!きみのことも知りたいな~!」という嘘偽りのない、エグい自分の実態を「切り札」として場に出します。あなたにも切り札を出せと迫ります。「切り札」というのは「真実」、自分が普段隠している本性のことでした。
曲調も優しげなものから一転、賑やかになって痛快ですらある。かっこいい歌で好きです。
「この森に踏み入ること~」の歌詞はぞくりとします。まんまと手のひらの上で転がされた感あります。


09 Snowy Owl - Counsel -

タイトル:白梟-忠告-
訳:真実と偽りの間で失われて、白いフクロウが現実に戻る道を示す。

解釈
白いフクロウが、霧の森の夢から目覚めさせてくれます。そしてありがたいことに人生の生き方についても教えてくださる。Filou君の言葉に魅せられていたということも言い当ててくださる。
自分の素顔を隠すことをやめたFilou君は、エグい本性を晒しながら、たったひとりで森の中に生きている…と解釈しています。
でも、彼は偽りの仮面を捨てて手に入れた、心の自由とひきかえに、孤独を背負うことになってしまった。
フクロウは、賢者を象徴している動物らしいです。愚者役のFilou君と対称的になっているのかな。


10 Forest in the Mist

タイトル:霧の中の森
訳:あなたはあなたの場所に戻る。

解釈
締めの一曲。ピアノバージョンのForest in the Mistに歌がついて、嬉しいです。
アルバムではここで再び朝を迎え、ジャバラ式のブックレットを裏返すと最初に戻るという仕組みになっています。

「彼に触れたら糸がほどける」とは、「Filou君の核心に迫ったらあなたの今まで紡がれてきた人生が終わってしまう」という意味か、「Filou君を知ったら彼とつながっていた糸(縁)がほどける」みたいな意味になるのかなあ。後者の場合、縁(=糸)が切れる、ではなくほどけるという言い方をしています。つまり、会おうと思えばいつでもFilou君に会えますね!


ところで、CD買って、蓋を開けたら、ジャバラ式という仕様上、もうブックレットの裏のFilou君の真実が見えてしまっているんですよね。ブックレット=天秤として考えると、ジャバラ式になっている部分を深読みしてしまいます。「天秤が傾けば、とにかく僕は(歌詞)カードを裏返す」という言葉、メタ発言なのかな~。考えすぎでしょうか。
あと、1曲目から天秤(ページ)は右側に傾いていて、曲を追う(ページをめくる)ごとに反対に傾いていきます。9曲目(フクロウの忠告)まで開くと、天秤はぴったりつり合う。スゲー!!
※FILOUで書いた解釈(カードゲームの数字の大きさ云々)と変わってきてしまいますが、思いついてしまったので書きました。



解釈しきれなくてわからなかったこと
・FILOUの天秤はおとめ座と関係あるのか、8曲目の審判と関係あるのか
・タロット、トランプ、何かのカードゲームのルールと関係あるのか
・3曲目のWater MirrorのみYuria Miyazonoさんが詞を担当しているのが気になる

[PR]
# by uepon-12 | 2018-05-16 15:18 | ○ 雑記

いろいろお知らせ(3つ)

ここのブログはどのぐらいの人に読まれているのでしょうか。
アクセス解析とか、どの記事が読まれたのかな?とか、全然確認していないのでわかりませんが、
多くの人に読まれているという感じはありません。

なので、このブログでお知らせする意味あるのか?ないんじゃないのか?という心の中の声が囁いていますが
色んなことをやり始めたよ~というお知らせを。


1:pixivFANBOXを作りました → 星野区のpixivFANBOXはこちら
ツイッターでトレンドに挙がるほどめちゃくちゃ勢いがあったので乗ってみました。
月額制のクリエイター応援サービス?で、支援していただいたら「ウワ~ありがてえ!支援してくれた人のリクエストとか応えなきゃ!」となるのではなく、「ウワ~ありがてえ!」で終了します。(私の場合のスタンスです)(ありがとうございます!というお礼の言葉はどこかに書きます)

私のFANBOXでは、月額140円の「うるおい」と書いてあるプランが最低額です。全体公開の投稿もします。(2018年5月6日現在)

あと、支援するためにはpixiv登録が必要です。他、詳しい説明はこちら


2:Ofuseで支援の受付を開始しました → 星野区のOfuseページはこちら
Ofuseとはお布施、賽銭箱にお金を入れるイメージのサービスです。そのままやないかい!
ってだけでなく、メッセージも送れる機能が搭載されています。
文字を買う→文字(メッセージ)を送る→打ち込んだ文字数分のお金が送れる
という感じです。
pixivFANBOXでは月額制というシステム上、値段が固定されていますが、こちらはいくらでも送金できそうです。
ツイッターアカウントをお持ちであれば、連携するだけで文字が買えるっぽいので登録の手間が省けるという利点有り。


3:ポートフォリオサイト(仮)を作りました → 星野区のポートフォリオサイト(仮)はこちら
今運営しているserenoは、版権イラストが混ざっています。
著作権害しつつお金頂戴!とせがむのはイカンだろうと思ったため、オリジナルオンリーのサイトを作りました。
serenoと区別するために、新しいサイトの名前はseteno「ku」にしてあります。(5月6日現在)

【9/19追記】
4ヵ月以上ログインがないと解約とみなします、という利用規約をすっぽかしてしまい、更新が出来なくなったため削除しました。
新しい方のポートフォリオサイトはこちらです。せわしなくて本当にすみません。


版権をアップするのはserenoに、
オリジナルをアップするのはポートフォリオサイトに、
という方針になりそうですが、両方の運営をやっていくのはちょっと大変になりそうなので、
今後はオリジナルの更新を優先していこうと思っています。



このブログは、ポートフォリオサイト(仮)を覗くとわかりますが、
140文字(ツイッター)では収まりきらないことを書く場所にしようかなと思っています。
…と書きましたが、もっとちゃんとした告知用のブログを作った方がいいのかな、とも思ったり。迷走中です。

[PR]
# by uepon-12 | 2018-05-06 16:40 | ○ 雑記

合わせ窓

f0064895_14443282.jpg
午前0時の窓と午後0時の窓を合わせると"何か"が現れる。
窓の下にティーポットを置き、
"何か"が中に落ちていった瞬間に蓋をすると捕まえられる。
"何か"ってなんだろう。
生涯をかけて合わせ窓を実現させることに力を尽くした。
"何か"は、注ぎ口からするすると抜け出して、言った。
「お疲れさま。迎えに来たよ」

[PR]
# by uepon-12 | 2018-04-06 14:45 | ○ 絵